タグ:野鳥

皆さまこんにちは。見習いレンジャーのタイチです。

マガンがガンガン到来しております、と何万回と口にされたであろう冗談がつい口から出てしまいそうになるのを必死でこらえる毎日です。昨日の仕事終わり、一時間居残ってマガンのねぐら入りを観察しました。視界の端から湧き出るように次々と姿を現す雁類と、背景の夕日の美しさに息をのみました。このような光景を見られる時代と場所に生きていることは本当に幸せなことかもしれません。近日中にこの春のマガンの渡りについてまとめたページをサンクチュアリのサイト内に作りたいと思っております。

カウントは明日早朝も予定されており、数名のボランティアの方にご協力いただき実施の予定です。ボランティアの方と簡単に言っておりますが、私にとっては大先輩にあたる方がほとんどで、レンジャーにも負けない自然に対する知識と経験をお持ちの方が多くいらっしゃいます。私もすでに多くのことを教えていただいております。私の顔を見ると「ウトナイクイズ」を出してくれる人もいます。油断できません...っていうか勘弁してー

さて前回に引き続き、少しさかのぼり2月のネイチャーセンターでのお話です。
散策路を歩かれたお客様が羽を拾ってきて「これは何の羽だとおもいますか?」とお尋ねになりました。世の中には「羽博士」と呼ばれる人が存在するらしく、そういった人は初見でズバリ鳥の種と部位を言い当ててしまうそうですが、当然私にはそんなことはできません。
さて、皆さんはどう思われますか? 時期は2月、ネイチャーセンター付近の観察路。行きには見かけなかったのに、帰りに発見して拾われたとのことでした。
謎の羽の画像1

特徴を簡単に言うと、大きなもので10センチほど、色は黒と茶、この時期にウトナイにいる鳥、ここまで条件がそろえばピンと来る方も多いでしょう。答えは...次回に発表します。ちなみに私は見事正解しました!! どうだー!

第二問。これは3月12日の自然情報収集調査の際に発見したものです。場所は野生鳥獣保護センター付近の水辺です。
謎の羽の画像2

大きさは13センチほど。時期、色、形状からある程度絞ることはできます。が、絞り切れない部分が多く、レンジャー間でもはっきりした答えはまだ出せていない状況です。特に気になるのは先端が薄く茶色になっているところ。ハクチョウの幼鳥だったら灰色になるはずだし...皆さんも考えてみてください。ハクチョウ類?もしくはサギ類?はたまたカモメ類?

鳥の羽という分野は、それだけでも分厚い図鑑になってしまうほど奥が深い世界のようです。また羽を拾ったらここで皆さまに紹介し一緒に考えてみたいと思います。

(中村T)

今日からぼちぼちブログに登場することになりました中村と申します。3月よりこちらでレンジャー見習いとして勤務を始めたばかりです。自己紹介は追々、小出しにしていきたいと思っております。堂々と言うことではありませんが、野鳥や自然観察についてはド素人です。テレビなんかでたまに見聞きする話ではありますが、「熱意」だけで転職してきた中年の男です。一番扱いにくいタイプの人間かもしれません...関係者の皆さまにはご迷惑をおかけしております。この先も至らぬことは多々あると思いますし、熱意だけで乗り切れるものでもないと、知れば知るほど痛感していくと思いますが、何卒、よろしくお願いいたします。

IMGP6266

少し話が前後しましたが、当施設のチーフレンジャーも皆さんご存知のように「中村」。チーフレンジャーと私がお互いに「中村さん」と呼び合うおかしなことになりかけていたので、下の名前のタイチで統一してもらうことにしました。皆さまもタイチと呼んでください。

さて、これからこのブログを通してウトナイの魅力を、ウトナイ初心者である私の目を通して再発見していきたいと考えております。これまでのブログで発信を続けてきた自然情報、イベント情報はもちろん、これは私の考えではありますが、ウトナイにかかわる人たちの魅力、地域の歴史など自然と人とのかかわりに主に焦点を当て皆様にウトナイの魅力をお伝えしていけるよう、超微力ながら尽力させていただきます。

IMGP6271

と、やる気たっぷりで勤務を開始しましたが、皆さんご存知のようにコロナウイルスの影響が広がっており、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは3月中は閉館!となっております。普段お客様でにぎわう土日の雰囲気が好きな私にとってはとても残念ではありますが、この機会を利用して展示や掲示のリニューアルもレンジャー間で考えております。4月、新年度になり、現在の騒ぎも収束し、皆さまと春のウトナイ湖を楽しむことができたら嬉しいなぁ...と祈りながら、今日はこの辺で。

(中村T)

↑このページのトップヘ