週末の荒天で自然観察路の木道の上には木の葉が散っていますIMG_6550
赤く色づいたばかりの木の実も強風で
落ちていましたIMG_6562
IMG_6558 (2)
嵐の後、青空が広がるウトナイ湖IMG_6605
観察路脇にはハナニガナの黄色い花IMG_6610
ホザキシモツケのつぼみもふくらんできていますIMG_6574
ネイチャーセンター駐車場近くにいたクロツグミ
何かをくわえていますIMG_6590
くちばしいっぱいに虫やミミズをくわえていたようです。IMG_6612
木の上では
センダイムシクイもIMG_6611
虫食い中

IMG_6594

※イソシギのテラスから湖岸の観察小屋までの道や道の駅からネイチャーセンターまでの道の一部は水たまりになっています。散策される方は足元にお気を付けください。
《SAKATA》

湖岸の観察小屋付近ではハマナスが咲きはじめていますIMG_6307
浅瀬ではアオサギIMG_6373
ズミの花も終わり、赤い小さな実がついていますIMG_6381

自然観察路の周辺ではIMG_6393
フタスジチョウが見られるようになってきました
気温が上がりはじめると鳥たちが水浴びする姿が見られるようにIMG_6336
センダイムシクイIMG_6347
シジュウカラもやってきてIMG_6350
バシャバシャIMG_6354
近くでキビタキも鳴いていますIMG_6329
暖かい日は湖岸や林の中を散策するのも気持ちがいいですよ、ウトナイ湖に自然観察に来てみてはいかがですか。
《SAKATA》

先週末は肌寒い日が続いていましたが、久しぶりの晴天に。日が照りだすとIMG_5938
エゾハルゼミがIMG_5953
一斉になきだすので野鳥の声もかき消されてしまいます。
来館者の方の中には「セミの声しか聞こえないよ」なんておっしゃる方もいますが、耳を澄ますとキビタキのさえずりもきこえてきますよ。
IMG_5965
観察路周辺ではIMG_5932
カンボクの白い花が咲いていますIMG_5900
湖岸ではカキツバタの花IMG_5971
キツツキの小径で森の掃除屋シデムシがカタツムリの殻に頭を入れて食事中。
暖かくなると昆虫も活発に動き出します。
《SAKATA》
※ウトナイ湖やその周辺では、生きもの(動植物、昆虫)の採取はできません。


アオサギ通りに苫小牧ハスカップライオンズクラブ様より新しい案内板が寄贈されました。IMG_5893

雨の中取り付けていただいた皆様、ありがとうございます。
新しくなった看板を目印にウトナイ湖サンクチュアリを訪ねてくださいね。

観察路の周辺でもトンボの姿をを見かける事が多くなってきましたIMG_5780
ヨツボシトンボIMG_5704
タスオ池の周りの木々も緑が増えました
イソシギの小径の木道ではIMG_5682
クロツグミの鳴き声がIMG_5696
イソシギのテラス前、冬の大雪で枯れ草が倒れていた場所にもヨシなどが伸びてきましたIMG_5692 (2)
湖岸の草の上、魚をくわえたカワセミがIMG_5764 (2)
テラス前の湖上をアオサギがIMG_5758 (2)
煙突をバックに飛ぶ姿はウトナイ湖ならではの風景です。
《SAKATA》

週末の暴風雨でイソシギのテラスから湖岸の観察小屋までの道が水浸しにIMG_5525
湖岸の観察小屋までは長靴が必要。観察窓から見た湖岸ではIMG_5466
エゾシカが草を食べていましたIMG_5469 (2)
湖上をすれすれに飛ぶオジロワシの姿もIMG_5447 (2)
木道脇のズミが満開で見頃ですIMG_5445
観察路の周りではチョウセンゴミシが咲いています。白くて小さな花はいい香り。
ネイチャーセンターの窓に豪雨を避けて止まったのかIMG_5441
オオミズアオ。
雨上がりの夕方、窓の近くのハンノキにトビがIMG_5494
IMG_5502
魚を捕まえて、木の上でお食事中IMG_5516
嵐の後のウトナイ湖いろいろ。

晴れた青空をバックに咲く花もきれいです。IMG_5522 (2)
お天気のいい日には散策にいらっしゃってくださいね。
《SAKATA》

↑このページのトップヘ