7月になり、ウトナイ湖もいよいよ夏真っ盛り。とはいえ、最高気温が20℃を越える日はまだポツポツ。苫小牧の夏は涼しいというのは、噂に聞いていた通りです。

さて、昨日7月9日、野生鳥獣保護センター周辺を巡回しました。
青く輝く湖面にコブハクチョウが悠々と浮かんでいました。
DSC_0065


この日、午前中の2時間で見られた生き物は以下の通りです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【野鳥】 トビ、ニュウナイスズメ、カワラヒワ、ベニマシコ、アカゲラ、アオジ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、ウグイス、ハクセキレイ、キジバト、イソシギ、コヨシキリ、カッコウ、コサメビタキ、ヒヨドリ、メジロ、センダイムシクイ、キビタキ

【植物】 ナワシロイチゴ(花)、ヒメジョオン(花)、ホザキシモツケ(花)、ミヤマザクラ(実)、エゾニワトコ(実)、オオダイコンソウ(実)、イボタノキ(実)、ヤマグワ(実)、ハエドクソウ(つぼみ)、ヤマウルシ(花おわり)、ノイバラ(花)、シロバナニガナ(花)、オニシモツケ(花)、ノリウツギ(つぼみ)、カラコギカエデ(実)、クロミノウグイスカグラ(実、通称ハスカップ)、エゾノレンリソウ(花)、エゾノカワラマツバ(花)

【その他】 フタスジチョウ、コヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、ササキリ(声のみ)、ヨツボシトンボ、エゾシロチョウ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

DSC_0146
ホザキシモツケには、コヒョウモン(写真)やフタスジチョウが行ったり来たり
(ホザキシモツケは開花株が増えていますが、つぼみもまだまだある、という状況です)

DSC_0384
午後にはネイチャーセンター付近(ユースホステル跡)をのんびり歩くキタキツネの姿が

DSC_0131
空を舞うオジロワシ(若鳥)

(福家)