ここ数日、日中爽やかに晴れていたウトナイ湖、今日は久々に小雨が降ったり止んだり。ほとんど風もなく森はしっとりと潤っています。
一日のなかでも比較的風の弱い朝は、湖全体が鏡面のように輝くことがあり、とてもきれいです。外に出て写真を撮らずにはいられない!そんな日が多いように感じる今日この頃です。
DSC_0019
昨日7月17日、ウトナイ湖


鳥たちの繁殖期も順調に進んでいるようで、シジュウカラ、アリスイ、アカゲラ、ハクセキレイ、センダイムシクイなどなど、巣立ち雛の姿が日々観察されています。夏の植物も続々開花中。
現在のウトナイ湖の生き物の様子をまとめてご紹介します。

DSC_0393
ヨシ原の中に発見、ノビタキ♀(ハスカップの小径)

DSC_0007
豪快、オオウバユリの開花(ネイチャーセンター周辺)

DSC_0074
一転、小さい!モウセンゴケの開花(ハクチョウのデッキ付近)
花の直径は6㎜ほどです

DSC_0014
青と緑のオオイトトンボ♀(ハクチョウのデッキ付近)

DSC_0636
藪の中からこちらをうかがっていたシマリス(ハスカップの小径)

(福家)