皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

今日は暴風雨です。センターの傾斜が付いた観察窓にも風雨が打ち付けています。先日までの好天がウソのようです。そういえば最近ウソを見ていないですな。木々の葉が落ちたら近所の公園に探しに行こう。

北海道の秋は短いので晴天時にはチャンスを逃さないように外出したいと思っていますが、そうもいかないことが多いです。どうしても家に引きこもってダラダラとテレビを見つつ甘いものを食べてしまいます。このダラダラも秋の風物詩ですが。

さて、昨日は巡回調査で水鳥のカウントを行いました。ガン類が3000羽ほど、道の駅の対岸方向に固まって休んでいました。一時猛禽が飛んだのか、一斉にガン類が飛び立った瞬間があり居合わせた観光客の方は見入っていましたね。
IMGP5804

やはり鳥見は運の要素が大きいなと感じました。ですが...観察機会が多ければ必然的にチャンスも増えるので頻繁に通われることをお勧めします。日頃の行いが良ければ幸運が訪れる、とも限らないのが対自然の面白いところです。

昨日までの印象だとガン類は日中には道の駅側にいて、夕暮れ近くなるとセンター正面を通過し千歳方面へ移動する様子が観察されます。採食に行くのか、ねぐらに移動するのか、その辺は今後観察が必要です。

その他、シジュウカラガンが散見されています。数千のマガンの中に100羽前後と、探すのは難しいのですが頬に白い部分があるので是非探してみてください。テンションが上がること間違いないです。
シジュカラガン_20200224_むかわ_瀧本 (1)

画像は今年の春、瀧本レンジャーが鵡川で撮影したものです。
(中村T)