皆さまこんにちは。

まずは、いつものように注意喚起からです。
寒暖差の激しい天候により、林道、自然観察路(木道含む)は大変滑りやすい状況が続いています。特に早朝に歩かれる方はくれぐれもご注意ください。

さて、3月になりましたので、2月のウトナイ湖で観察された野鳥を振り返ってみたいと思います。

キジ、マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、ノスリ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、ヤマゲラ、カケス、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、キレンジャク、ゴジュウカラ、キバシリ、ツグミ、ハクセキレイ、マヒワ、オオマシコ、ウソの計39種でした。

種数は少なく寂しい印象でしたが、そんな中でも道の駅側、勇払川の河口の凍っていない部分で、カモの仲間をたくさん見ることができました。ミコアイサ♂を久しぶりに見て、相変わらずつっぱってんなぁーとテンションが上がりました。

珍しい種としては、オオマシコでしょうか。2013年の2月以来の確認です。

キジはネイチャーセンターのバードバスの奥のほうをトコトコ歩いていました。昨年の春もセンター付近で数回目撃していますので、今が見やすい時期なのかもしれません。厳密には野鳥とは言えないのかもしれませんが、観察できると嬉しいことには違いありません(特に♂)。まだ見たことないよという方は草原、灌木林周辺で地面を歩く姿勢が良い鳥を探してみてください。

マガンも2月末にNC上空を飛ぶ姿が確認されました。昨日(3/5)に行われた今春初の「ウトナイ湖ガン類飛来数調査」では、マガンが1680羽、ヒシクイが40羽確認されたようです。なんと昨年同時期の10%ほどという数字になりました。湖の氷の状況なのか、先日の大雪の影響なのか、不明ではありますが、鵡川など近郊からは万単位のガン類の目撃情報も入ってきていますので、ウトナイ湖ではなく近くの水辺で羽を休めているのかもしれませんね。

IMGP8608

イソシギのテラスよりの眺め。美々川河口部の凍っていない部分が広がってきました。夜間はこのあたりでマガンが休んでいるはずです。

ネイチャーセンターではみんなで雁(がん)を見るイベントを開催します。是非ご参加ください。直前まで受け付けておりますので、お電話、メール、FAXでお問い合わせください。
※たそがれは事前予約不要です

「たそがれに雁を見る会」
3月6日(土)、13日(土)、20日(土・祝)の午後5時(受付開始は午後4時半から)~午後6時

「あかつきに雁を見る会」
3月14日(日) 午前5時~6時半

いずれも早朝or夕暮れ時となります。参加される方はくれぐれも暖かい服装で。まだまだ寒いです。


突然ですが、私がこのブログを書くのはこれが最後になります。
皆さまお元気で! 素敵な鳥見生活を!

(中村T)