2017/12

12月1日(金)14時~15時に、鳥インフルエンザ警戒を兼ねた、水辺の鳥の巡回調査を実施しました。
調査地点は、ウトナイ湖北岸の野生鳥獣保護センターから湖岸の観察小屋までの範囲です。

結果、特に異常はなく、
見られた水辺の鳥の種類は次の通りでした。

コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カワウ、ダイサギ、ユリカモメ、トビ、オジロワシ

この日、風はそれほどなかったものの冷え込んでいて、耳や手が痛くなってくるほどでした。
20171202ダイサギ


カモやハクチョウたちは、まだ観察することができます。
20171201


ここ最近は、朝に湖の水面が薄氷で覆われていることも多くなってきました。
ウトナイ湖へは、十分に暖かくしてお越しください。



瀧本

いよいよ「厳しい」ではなく、「痛い」ほどの寒さになってきましたウトナイ湖です。
本日は、あまりの寒さからか、観察路を歩かれる方の姿はあまり見られませんでした。
PC011854


時折、雪がぱらつき、鳥たちも寒そうでした。
ハシブトガラやシジュウカラの群れが、ハンノキに集まっていました。
フィフィフィフィとゴジュウカラの声が林に響いていました。

ハシブトガラ
PC011849



水辺では、ダイサギが何度も水面にくちばしを入れていました。
PC011814


静かな、ウトナイ湖ですが、本日はオオワシが飛んでいる姿が見られ、野生鳥獣保護センターに来られていた来館者の方と見ることができました。


マフラーにうずめた顔が出せないほどの寒さでした。
観察路を歩かれる際は、暖かい服装でいらしてください。
PC011825


(和歌月)

↑このページのトップヘ