カテゴリ: 勇払原野の保全

皆さまこんにちは。

今日は天皇誕生日で休日。晴れたり吹雪いたり、変化の激しい空模様でしたが、そんな中でもバードウォッチングに訪れる来館者の方が多かった印象です。私も少し時間をもらい外を歩いてきましたが、キツツキの仲間であるコゲラ、アカゲラ、オオアカゲラの他、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、マヒワ、ヒヨドリ、そして上空を飛ぶオオハクチョウの姿を確認できました。

本日のフォトジェニックバードはこちらです。
IMGP8528

こちらを向いたゴジュウカラ。コワイのかカワイイのかはっきりしてほしいところです。

さて、春の渡りシーズンまであと少しとなりました。気の早い渡り鳥ファンの方は、今年は早いのか遅いのか、ソワソワしている様子です。ここでガン類の昨年度のカウント結果を見てみましょう。
ガン

ざっくり言うと3月初旬から増え始め、中旬にピークを迎えます。今年も概ねこのような結果になると思いますが、いかんせん相手は自然ということでご理解をください。状況は逐一、サンクチュアリのホームページ、このブログでお知らせをする予定です。ピーク時の早朝もしくは夕方に合わせてお越しください。一生モノの光景を見られますよ。

ウトナイ湖サンクチュアリでは今年も雁の渡りに合わせてイベントを行う予定です。みんなでワイワイ雁を見たい方はご参加ください。ちなみに、楽しみ方は人それぞれ、一人で見るのが好きな方もいると思います。そんな方はイベント開催時を避けてお越しください。なお、早朝、夕方ともまだまだ寒く足元も悪い時期ですので、お越しの際はくれぐれもご注意願います。

3月14日に「あかつきに雁を見る会」を
3月6日、13日、20日に「たそがれに雁を見る会」を開催する予定です。
※コロナの状況を見ながら最終的に開催可否の判断をいたします。

(中村T)

皆さまこんにちは。

苫小牧市内でレンジャク類がとても多いですね。私は今年の冬しか知らないので例年と比較することはできませんが、この間は少なく見積もっても500羽が電線にズラーッと並んでとまっていました。黒く見えているのがすべてそうです。ほぼキレンジャク、ヒレンジャクは1割以下という印象でした。
市内レンジャク

頭から尾の先までとても優雅で美しい陶器のようなレンジャク類、じっくり観察するには好機かもしれません。ですが...きれいな話はここまで...当然彼らは排泄をします。整列した彼らの下には赤い排せつ物が地面を覆うようにびっしりとこびりついているわけです。食べているのはナナカマド、消化しきれずにほぼそのまま出てきているようです。その下を歩くには傘が必要になります。なにもそこまでして歩く必要は無いので、私は当初大喜びで写真撮影をしていましたが、今では一本違う道、もしくは道路の反対側に渡って避けるように歩くようになりました。

ツグミもとても多いという声がちらほら聞こえてきます。私も市内で50羽程度の群れを見ました。レンジャクのように密度の高い群れにはなりませんが、なかなかの迫力です。その中にノハラツグミ、亜種ハチジョウツグミも混じっているようです。是非探して来館時に情報をいただければと思います。

ノハラツグミ BIRD FANのページへ
頭、耳羽が青灰色なのが特徴です

亜種ハチジョウツグミ BIRD FANのページへ
胸の班と尾が赤褐色なのがツグミとの違いです。

ちなみに私はさっぱりです。微妙な判定の時はとりあえず写真を撮影し詳しい人に見てもらってくださいね。答えを出したくない、もしくは一緒に唸りたい人は私のもとへどうぞ。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

ここ数日、平均よりも暖かい日が続き足元はグチャグチャな状態です。今朝のウトナイ湖周辺は湿った重たい雪が降り、雪かきは重労働になりました。自然観察路の木道は大変滑りやすくなっていますので、いつも以上にお気を付けください。私も何度か逝きかけました。

さて、1月ももうすでに半分が過ぎてしまいました。早いものです。

現在開催中の雁のいろいろアート展に俳句が数首出展されております。出展者の方も来館されていますが、私は一句、とても好きな句があり、作者の方にお会いしたいと願っておりますが、まだいらっしゃっていないようです。17音で雁の渡りのスケールの大きさを表現できるなんてすごいなと、改めて言葉の力に感心しました。絵画や写真、造形作品もそうですが、作者が雁をどのように見ているのかという視点がわかって面白いです。ウトナイ湖のレンジャーも出展していますので、ついでに見てやってください。
IMGP7804

勇払川の河口に、ミニ氷山かなと思いきや...コブハクチョウが2羽いました。ハクチョウの渡りがピークの際には、申し訳なさそうに端で過ごしていましたが、今は心なしか堂々としているように見えます。渡らなくても何も後ろめたいことはないさ。思う存分逆さになって水草を食べてくれ。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

新年あけましておめでとうございます。今年もウトナイ湖サンクチュアリをよろしくお願いいたします。

私は本日6日が今年最初の勤務になりました。休み中に届いていた郵便物を整理したり、メールを見たりしているうちにお昼過ぎになってしまい、鳥を全く見ていないことに気付いて少し外に出てみました。
IMGP7681

静かです...風がなく対岸の工場の煙もまっすぐに立ち昇っていました。まるでお線香の煙のようです。とーっても静かです。
鳥も全くいません...越冬しているマガンの群れを目当てにイソシギのテラスまで行きましたが、かろうじて美々川流入部付近でオジロワシの成鳥を1羽、対岸にオオハクチョウ18羽を確認できました。東側は美々川流入部を除き全面結氷状態で、氷の上を悠々と歩くキタキツネの姿もありました。

ウトナイ湖サンクチュアリが40周年という節目を迎える2021年、どのような一年になるのだろうか。個人的には、皆さまに改めて「ウトナイ湖とは何ぞや」ということを知っていただく特別な機会になればと思っています。当たり前のことですが40年というのは(公財)日本野鳥の会とウトナイ湖とのかかわりが40年、というだけであって、今のウトナイ湖が形成された約6000年前からウトナイ湖の歴史は始まっているわけで、歴代レンジャーが懸命に活動してきた期間もそんな長い歴史の中の一瞬にすぎません。ですが、1981年からのこの一瞬はウトナイ湖を含む勇払原野一帯にとってはその存在すら危ぶまれた時間でもありました。そんなことを皆様にお伝えし将来の環境保全につなげていきたいと、レンジャー一同、企画を練りに練っている最中でございます。

ネイチャーセンターは9日(土)が今年最初の開館日です。皆さまのご来館をお待ちしております。

ご来館の際にはウトナイ湖とその近郊の野鳥情報も私に教えていただけると嬉しいです。特にマガンとオオハクチョウの越冬数が気になっています。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

カレンダーご購入特典のエコバッグは残りわずかとなっております。まだ来年用のカレンダーをお買い上げでない方はお急ぎください! 私自身もそろそろカレンダーと手帳を用意しないといけないな...と思い出しました。毎年ギリギリになるんですよね...

林内のハンノキは葉がすっかり落ちました。奥に見えるコナラの林はまだ葉が落ちていないですね。
IMGP6074

このように見ると対照的で面白いです。コナラの林があるのは湖岸から遠い国道の側です。植生の特徴がわかりやすくていいですね。ハンノキは湿地を代表する樹木であります。

晴天ということもあり人気のシマエナガなどを狙っている数人のカメラマンと散策路上ですれ違いました。みんないいカメラ持ってんなぁー!と、声には出しませんが、そんなことを思いながらお話をしています。コロナ禍じゃなければ覗かせてもらうのだが...そういった些細なことで通常とは違うのだなと意識させられます。それと同時に、私たちは常日頃、身の回りの物を共有したり、同じ物を手にしたり、そんなことをしながら生活しているんだなと、改めて思う良い機会になっています。

あとマスクの功罪についても一家言あります。私はだらしのない口元を隠せるので、通常時よりもイケメンに見えると、トイレで鏡を見るたびに思っています。よく、目は口程に物を言うといわれますが、口を隠すと、その人の品格みたいなものは口元にも現れるのだなと、自分のマスク姿を見るたびに思うわけです。上品な皆さまには関係のない話でしょうか??

(中村T)

↑このページのトップヘ