カテゴリ: バードウォッチング

皆さまこんにちは。

今日は天皇誕生日で休日。晴れたり吹雪いたり、変化の激しい空模様でしたが、そんな中でもバードウォッチングに訪れる来館者の方が多かった印象です。私も少し時間をもらい外を歩いてきましたが、キツツキの仲間であるコゲラ、アカゲラ、オオアカゲラの他、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、マヒワ、ヒヨドリ、そして上空を飛ぶオオハクチョウの姿を確認できました。

本日のフォトジェニックバードはこちらです。
IMGP8528

こちらを向いたゴジュウカラ。コワイのかカワイイのかはっきりしてほしいところです。

さて、春の渡りシーズンまであと少しとなりました。気の早い渡り鳥ファンの方は、今年は早いのか遅いのか、ソワソワしている様子です。ここでガン類の昨年度のカウント結果を見てみましょう。
ガン

ざっくり言うと3月初旬から増え始め、中旬にピークを迎えます。今年も概ねこのような結果になると思いますが、いかんせん相手は自然ということでご理解をください。状況は逐一、サンクチュアリのホームページ、このブログでお知らせをする予定です。ピーク時の早朝もしくは夕方に合わせてお越しください。一生モノの光景を見られますよ。

ウトナイ湖サンクチュアリでは今年も雁の渡りに合わせてイベントを行う予定です。みんなでワイワイ雁を見たい方はご参加ください。ちなみに、楽しみ方は人それぞれ、一人で見るのが好きな方もいると思います。そんな方はイベント開催時を避けてお越しください。なお、早朝、夕方ともまだまだ寒く足元も悪い時期ですので、お越しの際はくれぐれもご注意願います。

3月14日に「あかつきに雁を見る会」を
3月6日、13日、20日に「たそがれに雁を見る会」を開催する予定です。
※コロナの状況を見ながら最終的に開催可否の判断をいたします。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

他所の記事を書くためにいろいろ調べものをしていて、面白いことがあったのでちょっと書いてみます。

Bird watching バードウォッチングという言葉はいつ頃から一般的になったのか。

昭和9年(1934年、今から87年前)に発行された、日本野鳥の会の会報「野鳥」に、秦發雄氏「新聞紙上に見る小鳥記事について」という記事があります。秦氏が野鳥に関する新聞記事をスクラップしその見出しを羅列したものなのですが、その中に以下のようなものがありました。


バードウォッチング 

「籠の鳥」より「林の鳥」 

自然のままの小鳥を楽しむ趣味をかねた新スポーツ


おそらく昭和9年かそれ以前に、新聞紙上に掲載された記事のようです。趣味をかねた新スポーツ、という言葉が興味深い。「バードウォッチング」は当時、一部の関係者や知識人だけが使っていた言葉なのでしょう。今で言うと何になるのか。趣味をかねた新スポーツで外国から入ってきたものでまだ一般には周知されていないもの...思い浮かびませんが、でもこの短い見出し言葉でも当時の野鳥に対する考え方がよくわかって貴重な資料だと思います。

野鳥の会の創始者、中西悟堂も自邸内で幾種もの野鳥を放し飼いにしていたようですし、メジロ、ウグイスなどの野鳥を捕まえて籠に入れて飼育し、その姿や鳴き声の美しさを競わせるのが当時は一般的だったようです。常識が変わり始めた時点...今では野鳥を捕獲し飼育することは、いかなる種であっても鳥獣保護法で禁止されていますし、野鳥の観察=屋外(自然を背景に)での活動、というのが当たり前になっています。

おそらく当時の読者は、まだ双眼鏡も未発達の時代でしたし、あまり共感はしなかったでしょうね。「何を言っているんだ、じっくり観察するには捕まえて籠に入れたほうがいいじゃないか!」といった声が聞こえてくるようです。令和の現在でも何か新しい考え方を紹介しようとすると、現状の「当たり前」を根拠に同じような反応が返ってきがちです。そういうときは自分の立ち位置を意識して変えてみて、もう一度普段自分がしている当たり前のことを考え直すように、私はしています。野鳥を愛する皆さまもそうだと思います。
オオハクチョウ

画像がないので一枚だけ。先ほど湖上を低空飛行していたオオハクチョウ。よくとおる綺麗な声で鳴いていました。オオハクチョウは雪の背景がよく似合います。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

今朝は-14℃まで冷え込んだ苫小牧。ウトナイ湖も8割くらいは凍り付いていたでしょうか。用事があって9時半頃、トボトボとうつむき加減で湖畔を歩きましたが、澄んだ空気が気持ちよかったです。
IMG_20201216_094352

野生鳥獣保護センターの自然情報収集に参加させていただきましたが、今日も植物に詳しい方にいろいろ教えていただきました。少しずつですが詳しくなってきた?ので、私に解説をさせたいという物好きな方がいましたら、当センターの団体対応のページよりお問い合わせをお願いいたします。特に私にマージンが入るということはありませんよ...

画像は無いのだが、ヤマガラさん、キクイタダキなどウトナイ湖ではあまり見かけない種も見ることができて気分の良い日になりました。鳥好きのSさんも参加されていて、一緒にキクイタダキを見られて嬉しかったです。自分と同じテンションで物事を共有できる人がいることほど、素晴らしいコトはないと思います。バードウォッチングはそれができるからなぁ。おすすめなんですよ。

私は札幌から通っていますが、苫小牧は晴れの日が多くて(曇りでもギリギリ雨が降らない)その気候の違いによく驚かされます。特に恵庭から千歳に入るあたりでガラッと景色が変わる感じがします。

今年の雪は多いのか少ないのか。暖かいのか寒いのか。
気候変動が心配な昨今、普通の冬らしい冬を待ち望んでいるのは私だけではないはずです。
「普通って最高だよな」という大人には絶対にならないと誓ったあの日の私は今何処...

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

少しドタバタしていまして投稿が滞りました。内容よりも投稿数で勝負するタイプを自負している手前、しっかりしないといけません。ですが、いかんせん雑用に忙殺されがちな毎日です。

さて、昨日は団体対応や調査で外に出ることが多く、たくさんの鳥や動植物を見ることができました。印象に残ったのは下の画像。
IMGP6286

手前がオジロワシの亜成鳥、奥がトビですね。
このように並んでくれると、とても勉強になります。体躯の大きさ、尾の形状、翼の幅、飛翔姿の違いを見ることができます。このオジロワシは亜成鳥のようです。腋羽の白い部分、尾の黒い縁取りなどが成長との違いで、幼鳥の場合は下面にもっと多くの白い部分が見られます。オジロワシは約6年を要し成長羽へと姿を変えます。詳しい方は翼を見ればおおよその年齢がわかるようです。ここからは私の拙い推測ですが、下面の白い部分も少なく腋羽にやや残るくらいなので、成長まであと少しの個体かなと思いました。厳しいご意見お待ちしています。これを見ているあなたですよ。
IMGP6396

こちら美々川河口付近を横断するエゾシカの親子。真ん中が幼獣です。ギリギリの水深で見ているこちらがハラハラしましたが、何とか渡り切りました。シカが溺れても助けに行けないし...こういう光景を見ても、ウトナイ湖の浅さがわかりますね。平均水深0.6メートル、場所によっては対岸まで横断できてしまうわけです。ですが、湖底はドロドロなので皆さまは決して真似をしないようにお願いします。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

カレンダーご購入特典のエコバッグは終了しました。沢山のお買い上げありがとうございました。エコバッグは終了しましたが他のご購入特典をご用意し、引き続きカレンダーの販売はしておりますので、よろしくお願いいたします。買ってぇぇー!

さて、最近私が気になっている鳥の話なんですが、
ハシブトガラ070213江崎

ハシブトガラです。
ウトナイに通われている皆様には超おなじみの彼ら、見つけると「なぁーんだ、ハシブトガラかぁ」と地元バードウォッチャーからはあまり人気のない鳥ではありますが、国内では北海道のみに分布する鳥で、本州からのお客様には大変喜ばれます。本州に分布するのはコガラで、ハシブトガラと非常によく似ており、識別がとても難しいのです。(くちばし、頭頂の光沢、尾の形状などですが、フィールドでの判別は非常に難しい)
カラ比較

ウトナイで見られるのはほぼほぼハシブトガラと言われており、実際に過去のデータを見てみると、2000年以降でコガラが確認された日数はわずか8日のみと、ウトナイでは珍しい種の一つであるといえます。だが、実際に自分の目で確かめてみたいと、最近はその識別に躍起になっております。

ついつい、季節や場所、前例を持ち出して、よく確認もせず種を同定しがちですが、レンジャーと名乗っているからには、はっきりと判別し皆様に情報提供できるようになりたいと思っています。よく出現してくれるハシブトガラは私にとっては良い教材です。

(中村T)

↑このページのトップヘ