カテゴリ: レンジャー

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

今朝は-14℃まで冷え込んだ苫小牧。ウトナイ湖も8割くらいは凍り付いていたでしょうか。用事があって9時半頃、トボトボとうつむき加減で湖畔を歩きましたが、澄んだ空気が気持ちよかったです。
IMG_20201216_094352

野生鳥獣保護センターの自然情報収集に参加させていただきましたが、今日も植物に詳しい方にいろいろ教えていただきました。少しずつですが詳しくなってきた?ので、私に解説をさせたいという物好きな方がいましたら、当センターの団体対応のページよりお問い合わせをお願いいたします。特に私にマージンが入るということはありませんよ...

画像は無いのだが、ヤマガラさん、キクイタダキなどウトナイ湖ではあまり見かけない種も見ることができて気分の良い日になりました。鳥好きのSさんも参加されていて、一緒にキクイタダキを見られて嬉しかったです。自分と同じテンションで物事を共有できる人がいることほど、素晴らしいコトはないと思います。バードウォッチングはそれができるからなぁ。おすすめなんですよ。

私は札幌から通っていますが、苫小牧は晴れの日が多くて(曇りでもギリギリ雨が降らない)その気候の違いによく驚かされます。特に恵庭から千歳に入るあたりでガラッと景色が変わる感じがします。

今年の雪は多いのか少ないのか。暖かいのか寒いのか。
気候変動が心配な昨今、普通の冬らしい冬を待ち望んでいるのは私だけではないはずです。
「普通って最高だよな」という大人には絶対にならないと誓ったあの日の私は今何処...

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

だいぶ寒くなってきましたね。バードバスの水も氷ってしまい水浴びできずに氷上でぼーっとするハシブトガラの様子を目の当たりにしました。通勤途中で交通事故を目にすることも増えてきましたし、この季節の変わり目、特に運転に注意しなければいけませんね。皆さまもくれぐれもご注意ください。

さて、この画像は水曜に撮影したものなのですが、今期最後になるのでしょうか。
IMGP6159

冬眠前のシマリス、ケヤマウコギの実を食べていました。
みなさんご存じのように、シマリスは冬眠するため冬季間(11月下旬~4月頃)は見ることができなくなります。木の実などを巣内に貯蔵し、たまに起きてそれを食べ、また眠るという超羨ましい生活を春まで送ります。まぁ、人間でもそういう生活をしている人はいますが、ここ日本では難しいライフスタイルではあります。もう少し社会が豊かになれば、寒い冬は引きこもり夏だけ働けばいいというような北海道になるのではないでしょうか。
IMGP6426

こちらはゴジュウカラに憧れるシジュウカラ。
俺だってその気になれば逆さまになれるんだよ、と言いたげでした。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

カレンダーご購入特典のエコバッグは残りわずかとなっております。まだ来年用のカレンダーをお買い上げでない方はお急ぎください! 私自身もそろそろカレンダーと手帳を用意しないといけないな...と思い出しました。毎年ギリギリになるんですよね...

林内のハンノキは葉がすっかり落ちました。奥に見えるコナラの林はまだ葉が落ちていないですね。
IMGP6074

このように見ると対照的で面白いです。コナラの林があるのは湖岸から遠い国道の側です。植生の特徴がわかりやすくていいですね。ハンノキは湿地を代表する樹木であります。

晴天ということもあり人気のシマエナガなどを狙っている数人のカメラマンと散策路上ですれ違いました。みんないいカメラ持ってんなぁー!と、声には出しませんが、そんなことを思いながらお話をしています。コロナ禍じゃなければ覗かせてもらうのだが...そういった些細なことで通常とは違うのだなと意識させられます。それと同時に、私たちは常日頃、身の回りの物を共有したり、同じ物を手にしたり、そんなことをしながら生活しているんだなと、改めて思う良い機会になっています。

あとマスクの功罪についても一家言あります。私はだらしのない口元を隠せるので、通常時よりもイケメンに見えると、トイレで鏡を見るたびに思っています。よく、目は口程に物を言うといわれますが、口を隠すと、その人の品格みたいなものは口元にも現れるのだなと、自分のマスク姿を見るたびに思うわけです。上品な皆さまには関係のない話でしょうか??

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

今日は畳の話題からです。

柔道の講道館杯が開催されたようですね。コロナの影響で選手同士の接触が多いスポーツは、試合はおろか練習もままならない状況が続いていると報道などで目にしています。そんな状況下ではございますが、当センター2階の畳が新調されました!
IMGP6035

長年、ウトナイ湖サンクチュアリの施設管理にご協力をいただいている ハスカップライオンズクラブ様 のご厚意で実現しました。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。私も今まで以上に自信をもって「どうぞ2階!畳の間へお上がりくださいっ!!」と言えます(実物はテンション低めです)。この2階の畳の間は老若男女問わず大人気なんです。野鳥談義をしながら長時間滞在される方も珍しくありません。私も閉館日には前回り受け身をしたり昼寝をして使わせていただきます。

畳縁の柄を選んでいいよと畳屋さんがサンプルを見せてくれ、ここでもレンジャー間で意見が分かれましたが、厳正なるじゃんけんの結果、瀧本Rチョイスの柄となっています。私は朱色のものを推したのですが、こうやって並べてみると、やっぱりここには緑がしっくりきますね。

さて、野鳥の情報です。10月31日、マヒワとツグミが初認となりました。冬鳥がやってきましたね。冬も目の前ということでしょうか。ちなみに残念ながら?両方私ではなく、マヒワはWレンジャー、ツグミは解説ボランティアのO氏です。また先を越されました...こそっと私に譲ってくれてもいいんですよ、お二方。

ガン類、ハクチョウ類の渡りもひと段落といった感じですが、依然として水鳥の種類も多く、林内も葉が落ちてきて視界が開けているので小鳥の観察も容易になっています。文化の日はウトナイ湖で過ごしてみてはいかがでしょうか? ここだけの話、当館では野鳥の会オリジナルグッズも販売してますよ。

(中村T)

皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

苫小牧市内の小学生がやって来ました。ウトナイ湖で自然に親しんでもらおうという趣旨の自然ふれあい教室というプログラムの一環です。本日は「鳥に興味を持ってもらおう」という内容。皆さん、後半は暑さと眠気との戦いになりましたが、クイズやパズル、実際に双眼鏡を使ってのバードウォッチングの練習と積極的に参加しているなという印象でした。

このコロナ禍の中、なかなか表立った活躍の機会を見ることができない中村チーフが生き生きとしていましたね。野鳥、地元の自然を身近に感じてもらいたいという熱意が私にも伝わったので、児童の皆さんにも何かしら感じることはあったと思います。
IMGP3823

天気にも恵まれ、ほんの一瞬でしたが鳥の鳴き声、姿も観察することができました。次回はもっとたくさんの鳥を見ることができたらいいなと思っています。お疲れ様でした。

私は「先生、先生」「レンジャー、レンジャー」と呼びかけられて、たじたじでした。厳密に言うとそのどちらでもありませんよ。

↑このページのトップヘ